ドクター・スタッフ紹介

  • ドクター・スタッフ紹介

ドクター・スタッフ紹介

木村 幸一歯科医師

昭和43年 神奈川県座間市生まれ
  座間市立東中学校卒業
日本大学付属第三高等学校卒業
平成7年3月 日本大学歯学部卒業
  歯科医師国家試験合格
医療法人社団紫風会 さがみ野歯科医院勤務
太田尾歯科医院勤務
医療法人社団祥育会 小見山歯科医院勤務
平成12年11月 きむら歯科医院開業
野球歴
  • 小学生から中学生まで大和リトルシニア硬式野球チームに所属。
  • 高校では、軟式野球部同好会準備会を仲間とともに部に昇格させる。
  • 大学では硬式野球部に所属。

小さい頃からの野球というスポーツを通じて、思いやり、いたわり、やさしさを学んだように思います。また、私自身、小学生から歯科矯正治療を受けていました。
背の高い担当の先生から良く、褒められた事を覚えています。この記憶が、歯科医師の職業を選択させてくれました。

Doctor Message

医師 写真

歯科医師ご挨拶

栃木県宇都宮市にある実家は、私が生まれる前から整骨院を開業しており、小さい頃から、父と母が「忙しく働く」、実家隣にある『整骨院』に出入りして姉とともに自主的にお手伝いをしていたことを今でも覚えております。その時の思い出や経験が少なからず、その後に続く医療系の職種へのレールを敷いてくれたのかもしれません。

私は歯科医師に、一緒にお手伝いをしていた姉は薬剤師に、また、2人の娘が偶然にも医療系の仕事に就く形となりましたのも、この頃の思い出や記憶、生まれ育った生活環境等の影響が、『何かの偶然ではない、必然』のような気がしてなりません。。

色々なご事情を抱えてお越しになります全ての患者様に、「女性」として、「母親」として、「妻」として、「両親の娘」として・・、というたくさんの目線から少しでもお役に立てますよう、また、地域歯科医療に微力なから貢献出来るよう、精一杯頑張ります。

宜しくお願い申し上げます。

木村史子

金子 貴広歯科医師

出身地 埼玉県
趣味 マラソン
好きな食べ物 健康サプリメント
プロフィール 埼玉医科大学
歯科口腔外科准教授

口腔インプラント担当医
外来医長

日本口腔外科学会専門医・指導医

日本顎顔面インプラント学会専門医・指導医
ご紹介とエール

金子先生とは日本大学歯学部の同期入学です。
当院に、【お越しいただいてのインプラント治療】をお願いしております。
昨今、メディア等でインプラント治療については、色々な報道がされており、ご自身の歯を失った場合の『第一選択となるべきインプラント治療』が、「とてもリスクの大きい、大変、危険を強いる治療」として紹介され、【インプラント治療を躊躇される患者様】が、多数いらっしゃる現状を鑑み、【大学病院の准教授】かつ【インプラント専門医】である、金子貴広先生をご招聘し、【安心して安全に、心配無く】インプラント治療について検討並びに実施可能な診療環境を整備しております。金子先生は、とても“フレンドリーな先生”ですので、いつでもお声掛け下さい。

木村史子

比嘉 萌実歯科衛生士

佐藤 寿々奈歯科衛生士

開業のきっかけ

2000年11月1日の開業以来、これまで、多くの患者様にご来院いただきましたが、「気になっていたのだが、もう我慢出来なくなって・・」とか、「どこの歯科医院に行ったらいいかわからず・・」「少し様子を見ていたのですが、心配になって・・」など、「どうしようもなくなって!」「やむを得ず しょうがなく、イヤイヤ」お越しになる患者様がいらっしゃるのを、心苦しく思っておりました。

どうしても 歯科医院というところは皆さんの共通認識としまして、『痛い・怖い・治療期間が長い』というネガティブなイメージしかなく、"出来れば行きたくない場所"になってしまっております。どうしようもなくなって、お越しいただいた時のお口の中の状況は、私たち専門家からいたしますと、大抵の場合、《歯の神経を抜くか抜かないか!》《歯を抜くか!抜かないか!》というたいへんに厳しい、おおごとの状況なので、せっかく、勇気を振り絞っていらした初めてお会いする患者様に、『抜髄後・抜歯後の難しい治療内容のお話』をしなければならず、私たちも、「とても苦しく、残念で切なく、やりきれない」場面に遭遇してしまいます。

「このような患者様をこれ以上多くしないこと」「このような患者様をいなくすること」を目指して、これから、きむら歯科医院の患者様には【まず多くの歯を残し、しっかりお口から食べること】を通じて、"健康寿命"を少しでも延ばし、『質の高い人生』を送っていただくことを"医院の使命"として、全力で地域医療に貢献することを誓います。

誰もが元気に通院できる医院へ

当院の理念にある、『笑顔が溢れる、楽しく、明るい、元気になれる歯科医院』とは、一体どのような医院でしょうか。
私たちは「痛くない」「怖くない」と言うのは当たり前で、その上で、「居心地が良い」という条件を兼ね備えた医院であると考えています。 もちろん、「居心地の良さ」は人それぞれ感じ方が違うものですので、一概には言えません。
当院が自信を持てる「居心地の良さ」は、「コミュニケーション」と「思いやり」の2つです。


コミュニケーション

私たちは、いつも患者様と『コミュニケーションをしっかり取ること!』を心掛けています。診療時間の半分以上を、費やしてしまうことも度々あります。
それは!!、患者様の事情を理解せずに、「その人にとっての最善の治療方法」を提供するのは不可能と思っているからです。「どんな治療をするのか?」それよりも、患者様とのコミュニケーションを『どれくらい取れているか?』で、「治療に対する満足度、ひいては「きむら歯科医院への信頼度」を左右する、重要な要素であると信じております。
だからこそ私たちは、1回以上来院された患者さまとは、必ず次回来院時にお話出来る“ネタ・”を用意してお待ちしております。


思いやり

私たちは何においても一番重要なのは、とにかく、【 患者様の満足度 】だと考えています。どれだけ私たちが理想とする歯科医院を創っても、患者様の満足度が低ければ意味がありませんし、当院の理念からも外れてしまいます。
きむら歯科医院では、患者様に満足していただけるための努力は一切惜しみません。 目配り・気配り・心配り医院全体の【思いやり】を最重要事項に置き、スタッフにも、患者様への【気遣い・優しい声掛け】等を徹底しております。

地域の人に支持される 理想の歯科医院であり続ける

今回のリニューアルに伴い、患者様が周りの会話、視線を気にせずに安心して治療を受けられるように、【完全個室】をご用意しました。また、待ち時間の短縮を図るため、【予約システム】も導入しました。
当院は皆様の貴重なご意見に応え、常に患者様にとって居心地の良い医院であるために進化を続けていきます。これからも、患様にとっての安心出来る場であり続け、多くの人のかかりつけ歯科医院として、【まず多くの歯を残し、しっかりお口から食べること】を通じて、“健康寿命”を少しでも延ばし、『質の高い人生』を送っていただくことを医院の使命として、全力で地域医療に貢献することを誓います。