成人矯正・マウスピース

  • 成人矯正・マウスピース

矯正治療への想い

“歯並び・噛み合わせ”は、見た目や気持ちの面だけでなく、お口の衛生環境から身体全体の健康まで幅広く関わりあっています。『矯正治療』は“良い歯並び・噛み合わせ”を手に入れるための治療で、何ら恥ずかしいものではありません。
しかし、“歯並び・噛み合わせ”を良くしたいと思っていても、『矯正治療』に対して、「高い!痛い!怖い!」といった先入観によって、治療を躊躇している方が多いと思います。

私達はその点を改善するための努力を続けております。今は、「マウスピース矯正」という『目立たない矯正治療』があります。特に日本では、目立たない治療法の普及、技術の向上には目覚ましいものがあります。

医学、工学、情報科学などの周囲の最新技術を取り入れながら、日々進歩を遂げています。私達は、みなさん一人ひとりに合った治療法、きめ細やかなアドバイスができるように治療技術を磨いています。

ですから、治療以前の段階として、ぜひ、日頃から気軽に歯並び・噛み合わせについて私達に相談して下さい。相談に行ったからといってすぐに決断する必要はありません。ゆっくり、自分のペースで次のステップに進めば良いのです。

相談後は、その説明に充分納得されてからスタートされることをお勧めします。治療がスタートした後には、数ヵ月おきにでも、前の状態を見せてもらうと、「え~、こんなに動いたのか!」と喜びが倍増しますよ。

歯並びについて興味と理解を深めていただき、より多くの人が『矯正治療』に対して、「楽しい!嬉しい!」というポジティブな気持ちになり、治療にのぞむ方が増えることを願ってやみません。“自分自身の資産を活かすこと”それが『矯正治療』です。

矯正歯科について

矯正治療は歯並びを整えて見た目を良くしたい患者さんが受ける治療です。歯並びが良くなると、歯磨きがしやすくなりますので、むし歯、歯周病の予防にもつながる特徴を持っています。おとなについては何歳でも受診可能です。

当歯科医院では随時、院長による歯科矯正診療を行っております。矯正歯科診療の内容と費用について、概略を説明いたします。何事もそうですが、早めの対応が良い結果をもたらします。


インビザラインで目立たない快適な矯正治療を

目立たずに矯正治療をすることは、多くの人が希望するところです。他人から気付かれにくいワイヤー矯正もありますが、ワイヤーを装着していることには変わりありません。そこでマウスピースであれば、脱着可能であるうえに、透明なため装着していても気づかれにくくなっています。きむら歯科医院では、その中でもインビザラインという最も有名なシステムを採用しています。

インビザラインは米国アライン・テクノロジー社の開発したマウスピース矯正治療システムです。当院で採取したお口のデータを本社に送ると、それを基にオーダーメイドのマウスピースが作製されます。それを当院でお渡しし、あとは患者様が毎日装着するだけとなります。

2週間ごとに次のマウスピースに取り替えていくと、最終的に歯が綺麗に並びます。検査が基本的に一回で終わり、通院回数も他の矯正方法と比べて少ないのが特徴です。

同意書ダウンロードはこちらから

矯正歯科治療が始まるまでの流れ

歯型模型採取

次回の説明時の参考とさせていただきます。

  • 価格 -
  • 時間 15分程度
歯並びの相談

問診、視診、触診により治療の必要性や時期、おおよその治療内容、期間、費用について説明があります。
※一定条件を満たした方のみ0円

  • 価格 3,240円(税込)
  • 時間 60分
精密検査

口腔内の写真、額と顔面のレントゲン写真などの資料を収集します。

  • 価格 54,000円(税込)
  • 時間 60分
診断・治療計画の決定

前回集めた資料を分析し、診断・治療計画・費用などの説明があります。
矯正治療スタートへ
※成人矯正・インビザライン矯正の場合のみ0円

  • 価格 -
  • 時間 60分
治療開始

治療を開始する際は必ず治療契約をいたします。
上記の金額以外に、1回の治療毎に3,000円~7,000円の処置料がかかります。


ご注意
  • 装置の破損・紛失の場合は実費をいただきます。
  • 症例により契約金・処置料が変更になる場合があります。(難症例の場合など)
  • 契約金のお支払いはクレジットカード(当院指定のカード)が使えます。

※すべてが予約制になっております。キャンセル・変更の場合は早めにご連絡ください。

矯正装置のご紹介

マウスピース矯正装置

世界中で治療が行われている取り外し式のアライナー「インビザライン」の一つです。マウスピースを段階的に交換していき、歯並びを変えていきます。昔は簡単な症例だけでしたが、今では下顎を前方に誘導することで、上顎前突(出っ歯)の改善も期待できます。



ワイヤー矯正装置(1)

成人矯正で使用する最も一般的な矯正装置です。
小児矯正終了後に成人矯正に移行する場合や、マウスピース矯正スタート前に、「歯並び」「噛み合わせ」をある程度、改善する場合に使用します。



ワイヤー矯正装置(2)

小児矯正でワイヤー矯正装置を使用している症例です。
ワイヤー(バネ)と歯を連絡させるためのブラケット(支持具)をtie(ゴム)で結んで歯を移動させますが、ワイヤー矯正装置(1)よりもワイヤー(バネ)が一回り細い事や、tie(ゴム)の色を白くする事で、装置を“なるべく目立たせない”ように配慮しております。



保定装置

一般的に多く使用されている、取り外しができる保定装置です。ワイヤー矯正後に後戻りを防止するために装着します。
床タイプのリテーナーでベックタイプとホーリータイプがあります。ワイヤーとプラスチックで歯並びの悪化を抑えます。


インビザライン募集

治療の記録を撮らせていただける方、毎月1名様に限り、756,000円にてインビザライン治療を行わせて頂きます。
まずは、同意書をご提出いただき、審査のうえ、治療が可能かどうか決定いたします。

インビザライン料金表
精密検査 0円
契約金 756,000円
調整料 0円
保定装置 0円
合計 756,000円

同意書ダウンロードはこちらから

  • 子供の目立たない矯正
  • 矯正歯科治療は医療費控除の対象です