インプラント

  • インプラント

インプラントは人工の歯の根

インプラントとは人工的な歯の根のことです。その人工歯根をあごの骨に埋め込むことで、失ったご自身の歯の部分を回復する事を、インプラント治療といいます。現在、失ったご自身の歯の対応について、インプラント治療が新たに加わっています。

歯が無くなった部分については、たくさんの治療方法がありますが、その内容についてインプラント治療と比較して簡単に紹介します。

インプラントと入れ歯の違い

取り外す心配が無く手入れも簡単!
見た目使用感も違和感が無い

インプラントは入れ歯のように違和感がなく、取り外しの必要もないので、自分の歯と同じように使えます。 また、金属のバネがなく、見た目が自然の歯のようです。


自分の歯と変わらず良く噛める。痛くない

入れ歯は痛みを感じやすい歯茎が噛む力を支えているため、自然の歯の20~30%程度しか噛めません。 インプラントの場合、骨に直接固定するため、自然の歯と変わらない力で噛むことができます。

部分入れ歯は、しっかりと固定するために健康な歯にバネをかけて使用します。 そのため、健康な歯に負担がかかったり、バネにプラークがたまりやすくなります。 インプラントの場合、周りの歯にまったく影響を与えません。

インプラントとブリッジの違い

健康な歯を削らない

ブリッジは両端の歯を削って人工の歯をかぶせます。噛む際に、削られた健康な歯に負担がかかりやすく傷みやすいのが欠点でした。また、金属のバネがなく、見た目が自然の歯のようです。インプラントは骨に人工歯根を埋め込むため、周囲の歯を削ることはありません。


回りの歯に負担をかけず、長持ち

ブリッジは土台となる歯に起きな負担がかかるため、場合によっては折れてしまうこともあります。また、ブリッジの土台の周辺にはプラークがたまりやすく、むし歯や歯周病の原因になります。 インプラントは周りの歯に負担をかけず、すぐれた耐久性を持ち合わせています。


インプラント治療のポイント
  • インプラントには手術が必要です。
  • 治療にはある程度の期間がかかります。
  • お口の状態によっては不可能な倍があります。
  • インプラント治療には健康保険が利用できません。
  • インプラントの治療費は医療費控除の対象になります。

治療方法はお気軽にご相談ください

「どの治療方法が一番適しているのか?」「費用がいくらかかるのか?」など、ご不明・ご不安な点はお気軽にご相談ください。

歯の治療についてはお口の中の状態、ご希望等により説明内容。治療内容も変わります。治療方法の詳細につきましては、診療時のお伺いさせていただきますよう、よろしくお願い申し上げます。