料金表

  • 料金表

見出しが入ります。

※表記価格はすべて税込価格です。

クリーニング自費治療
料金
クリーニング 16,500円
レントゲン撮影 4,500円
仮歯の仮着・調整自費治療
料金
仮歯の仮着・調整 2,200円
かぶせ物(前歯・奥歯)自費治療/健康保険適用
コース:松自費治療
価格 70,000円/1歯
保証 材質
なし ジルコニウム+セラミック
美しさ 耐久性 安全性
★★★★★ ★★★★ ★★★★★
長所 短所
  • 審美性No.1
  • 透明感があり自然
  • 変色、着色しない
  • プラークが付きにくい
  • 金属を使用しない
  • 歯を削る量が少なく済む
  • 咬み合わせが強い方には不向き
コース:竹自費治療
価格 60,000円/1歯
保証 材質
なし ジルコニウム
美しさ 耐久性 安全性
★★★★ ★★★★ ★★★★★
長所 短所
  • 審美性No.1
  • 自然な白
  • 変色、着色しない
  • プラークが付きにくい
  • 金属を使用しない
  • 歯を削る量が少なく済む
  • 透明感がない。
  • 咬み合わせが強い方には不向き
コース:梅自費治療
価格 60,000円/1歯
保証 材質
なし 金属にセラミックを焼き付けたもの
美しさ 耐久性 安全性
★★★ ★★★★★ ★★★
長所 短所
  • 強度No.1
  • 変色、着色しない
  • プラークが付きにくい
  • 内面が金属なので、割れにくく長持ちする
  • 透明感がない
  • 稀に金属アレルギーを発症する可能性がある
  • 歯ぐきが下がると内側の金属が見えることがある
  • 金属が溶け出し、歯や歯ぐきが変色することがある
コース1:プラスチック前装冠健康保険適用
保証 材質
なし 金銀パラジウム合金にプラスチックを貼りつけたもの
美しさ 耐久性 安全性
★★
長所 短所
  • 健康保険適応
  • 透明感がなく、変色・着色する
  • プラスチックが軟らかいので、歯みがきなどでも削れる
  • 強い衝撃などでプラスチックが剥げることがある
  • プラークが付きやすく、二次齲蝕・歯周病になりやすい
  • 金属が溶け出し、歯や歯ぐきが変色する
  • 金属アレルギーになりやすい
コース2:CAD/CAM冠健康保険適用
保証 材質
なし レジン
(強化プラスチック)
美しさ 耐久性 安全性
★★ ★★
長所 短所
  • 健康保険適応の白いかぶせ物
  • 金属を使用しない
  • 透明感がなく、変色・着色する
  • セラミックと比較して軟らかいために表面に傷がつきやすく、破損・脱離の可能性が高い
  • 噛み合わせの強い方は適応外(歯科医師が判断)
  • 上下顎の小臼歯と下顎の第一大臼歯のみ適応(諸条件あり)
  • 保険治療への導入から間もないため永続性の担保なし
コース3:銀歯健康保険適用
保証 材質
なし 金銀
パラジウム合金
美しさ 耐久性 安全性
★★★
長所 短所
  • 健康保険適応
  • 色が目立つ
  • プラークが付きやすく、二次齲蝕・歯周病になりやすい
  • 金属が溶け出し、歯や歯ぐきが変色する
  • 金属アレルギーになりやすい
自費治療金額例
料金
自費基本料金(30分毎) 5,000円
レントゲン撮影 3,300円
歯型印象採得 1,200円
金属での支台築造 3,300円
Fiber Postでの支台築造
(金属では無いので審美性に優れております)
前歯部  12,000円
小臼歯部 13,000円
大臼歯部 14,000円
仮歯の仮着・調整 2,100円
抜歯 16,500円
その他、治療内容による
ホワイトニング自費治療
ホームホワイトニング自費治療
価格(トレー片顎) 5,500円
価格(ジェル/1本) 2,200円
方法 使用する薬剤・材質 所要時間
薬剤を付けたマウスピースを
歯にはめて白くする
過酸化水素水 1日最大2時間
長所 短所
  • 自宅で自分でできる
  • 来院回数が少なく済む
  • 痛みが比較的少ない
  • 内部から白くしていくので後戻りしにくい
  • 透明感がある
  • 根気がいる
  • 即効性がない
  • 自分で行う手間がある
オフィスホワイトニング自費治療
価格 26,500円
方法 使用する薬剤・材質 所要時間
薬剤を歯に塗り、
光を当てて白くする
過酸化尿素 予約時間:1時間
長所 短所
  • 1回でもある程度の効果を実感できる
  • 透明感がない
  • 痛みが比較的でやすい
  • 後戻りしやすい
  • 白くしたい分、歯科医院に通わなければいけない
セラミックホワイトニング自費治療
価格(審美歯科検査) 11,000円
価格 55,000円/1歯
方法 使用する薬剤・材質 所要時間
歯の表面にセラミックを
貼りつける
ハイブリッド
セラミックス
来院回数2~3回
長所 短所
  • かぶせ物と異なり、歯を削らなくて済む
  • 金属を使用しない
  • 透明感があり自然
  • 白さを選べる
  • テトラサイクリンなど、通常のホワイトニングでは白くなりにくい歯も白くできる
  • 通常のホワイトニングに比べると高い
  • 噛み合わせが強い方には不向き
入れ歯・インプラント自費治療
料金
自費入れ歯 150,000円~500,000円
インプラントCT撮影検査料 16,500円
インプラント用ステント 22,000円
前歯のインプラント 500,000円
奥歯のインプラント 450,000円
矯正治療自費治療
料金
歯型採取・矯正相談 3,300円
精密検査 55,000円
小児歯科矯正治療 契約金 410,000円
1回毎の処置料 7,000円 ※1
成人歯科矯正治療 契約金 820,000円
1回毎の処置料 7,000円
小児歯科矯正治療から成人矯正を継続の場合 ※2 契約金 410,000円(税込)
1回毎の処置料 7,000円
2個目からの保定装置代 片顎 20,000円
両顎 40,000円
インビザライン治療

※未承認医薬品等の使用について

薬機法における未承認医薬品等の使用について

当院では、医薬品医療機器等法(以下「薬機法」)において未承認の医療機器である「マウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン・システム)」を用いた矯正治療を行っております。
未承認医薬品・医療機器(以下「未承認医薬品等」)について、当院ウェブサイト内で治療法等を掲載するにあたり、厚生労働省が定める医療広告ガイドラインに従い、「未承認医薬品等であること」「国内の承認医薬品等の有無」「入手経路」「諸外国における安全性等に係る情報」について記載します。

●未承認医薬品等の使用
当院で用いるインビザライン・システムのマウスピース型カスタムメイド矯正装置(以下「アライナー」とする)は、日本国薬機法上の医療機器として認証・承認を得ていない装置であり、日本国歯科技工士法上の矯正装置にも該当しません。
アライナーは、日本で歯科医師・歯科技工士が製作するのではなく、海外の工場でロボットにより製作されます。カスタムメイドの矯正装置であり、一般的に流通している製品ではないため、薬機法の対象となりません。(薬機法の対象外であるため、医薬品副作用被害救済制度の対象となりません)

●国内の承認医薬品等の有無
アライナーメーカーは多数存在しており、インビザライン・システム以外に、日本国内で承認を得ている矯正装置を用いた治療法がございます。

●入手経路
インビザライン・システムは、米国アライン・テクノロジー社の製品で、米国アライン・テクノロジー社のグループ会社である「インビザライン・ジャパン株式会社」より入手しております。

●諸外国における安全性等の情報
インビザライン・システムは、1998年に米国食品医薬品局(FDA)より医療機器として認証を受けております。2020年10月時点、世界100カ国以上の国々で提供され、900万人を超える患者様が治療を受けておりますが、重大な副作用の報告はございません。

総額(最大)1,083,000円
総額内訳
 (精密検査・契約金・処置料・
 1個目の保定装置代金を含む)

※1 契約金分割支払い方法
契約金(410,000円)-頭金(100,000円以上)=310,000円以下
【契約金分割支払い対象金額】となります。
なお、現金による上記方法以外の契約金分割支払い方法は、ございません。


※2 契約金は小児矯正時からの差額を頂戴いたします。
例:小児矯正契約時の契約金が410,000円だった場合、残り410,000円

  • 装置の破損・紛失の場合は実費を頂きます。
  • すべてが予約制になっております。キャンセル、変更の際は早めにご連絡ください。
  • 症例により契約金、処置料が変更になる場合があります(難症例・特殊症例の場合)。