医院ブログ

衛生士へのよくある質問 PART6 “噛み合わせ”編①

2017年9月5日 (火)

衛生士へのよくある質問 PART6  “噛み合わせ”編①

 

 

 

【 御確認 】
あくまで以下内容文での
『年齢表示&数字表示』に
ついては、
““ 参考表現“”として
使用している事を、
御了承下さい。
【質問4】

こどもの
「“噛み合わせ”」が
おかしいのですが、
どうすればよいですか?
 

 

 

【お答え】

 

 

★1歳6ヶ月児の場合★

奥歯が生えきっていないため、
咬合(“噛み合わせ”)は
不安定 であり、
異常がどうかを判断することは難しく、
反対咬合(受け口)に、
2歳でなっているとしても、

「3歳の時点で正常の噛み合わせに移行する」

との
症例報告があるため、
経過観察となります・・・

 

 

と言う
お答えが、
『教科書的な御説明』
でありますが、

 

 

『日常臨床に即した御説明』
は、

「1歳6ヶ月児」に 、
咬合(“噛み合わせ”)異常があっても、
実際には、
この年齢では治療は出来ません。

今回から、
咬合(“噛み合わせ”)については、
経過を観察して行きましょう。

これから、
経過を診るために御来院頂きますと、
御子様も医院の雰囲気に慣れて、
医院スタッフにも慣れてくれるハズであり、
そのような積み重ねが、
“必要な治療”を実施する時には、
無理なく、
スムーズに
御子様に受け入れられると思います。

 

 

 

というお話をしております。

 

 

 

 

7歳女児

上の写真では

反対咬合ですが、

現在は、

矯正治療にて正常咬合に、

改善しております。

 

 

 

 

カテゴリー : 歯科衛生士